海・風・光
【このブログは永らく休止中です】
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2008/06/23(Mon) 00:47  初期ピチカート、3人の作曲者

※りっぱなタイトルがついてますが、ほとんどつぶやきです。 


ピチカートファイヴについて、初期から最後までの流れがわかる興味深いアルバムレビューを見つけました。
Welcome to the Silverboy Club (ディスクレビュー → ピチカートファイブ)

発売されているCDが多すぎてどこから聴けばいいのか悩むところでしたが、フルアルバムだけが並べてあるので、とてもすっきりしているのもよいです。 

これを読んで気づいたというか思いだしたのは、自分が中期のピチカートを聴く気があまりしないのは、小西さん=ワンパターンという印象が強いからだ、ということでした。
聴いてないんですからあくまで印象ですが、でも一般的にそういうイメージがありますよね。
レビューではそれを「同じネタの使いまわし」と書いています。
 
そうなったきっかけは、93年に高浪さんが脱退して以降、小西さんがすべてを作るようになったため、なのですが、もちろん小西ワールド構築されたことがアメリカ進出などの成功へとつながったのは言うまでもありません。

 
初期ではその点、小西さんのさまざまな実験は連敗に終わり、報われず、評価や売上は散々だったようですが、それが後の「使いまわし」の元になっているのだからまあ、結果としては良かったんでしょう。
 
それに佐々木麻美子時代も田島時代もメンバーに作曲者が3人もいるので、作曲に関しては意外と小西作は少なくて、いいバランスだったんだろうと思います。
作詞はほとんど小西さんですが、これが前にも書きましたがとにかくいいんです!
上のレビュー↑にもありましたが、詩集を作ってほしいくらいです。
 
3人の作曲者とそれを統一する小西さんの詞、この豊かさとバランスが、初期ピチカートの魅力の一つなんだろうなあと思います。 

 



鴨宮さんはデータが少なくてわからないのですが、小西、高浪、田島の3人の曲の特徴を、ド素人の視点で書いてみますと
(^_^;)

まず田島さんはわかりやすいですよね。
自分の声にあわせて全体的に伸びやかで、特に高音は張り上げたり伸ばす部分があります。

小西さんと高浪さんは、素人には違いがわかりにくいですが、ベスト盤での小西さんのライナーノーツでは、高浪さんはやさしい曲を作るとのこと、もっともだと思います。
二人ともアイドル向けというか、声を伸ばさず、あんまり張り上げたり高音がない曲がほとんどですね。
って、田島さんと正反対じゃないか
(^_^;)
実際、田島時代のピチカートを聴いた第一印象は「田島さん歌いにくそうだなあ、無理してるなあ」でした。

ちなみに、田島さんにとっては高浪さんの曲のほうがより歌いにくそうです。
高浪さん自身が歌う人で、わりと細かく切って歌うタイプの声質だからなのかな。
代表格が「ホームシックブルース」、特にライブ盤はめちゃくちゃ歌いにくそう。
(田島さんも声が変わってからだったら、低音のサビでも何でもイケると思うけど)  





ということで?、私が持っている(把握してる)87~91年のフルアルバムの曲を、作曲者別に色分けしてみました。
(『ピチカート’85』は今のとこデータがないのであとで追加します^_^;^_^;^_^;)  



『Couples』(’87)
 
1. マジカル・コネクション/作詞・作曲:J.B.Sebastian
2. サマータイム・サマータイム/作詞・作曲:小西康陽
3. 皆笑った/作詞:小西康陽 作曲:高浪慶太郎
4. 連載小説/作詞・作曲:小西康陽
5. アパートの鍵/作詞:小西康陽 作曲:高浪慶太郎
6. そして今でも/作詞・作曲:小西康陽
7. 七時のニュース/作詞:小西康陽 作曲:鴨宮諒
8. おかしな恋人・その他の恋人/作詞:小西康陽 作曲:鴨宮諒
9. 憂鬱天国/作詞・作曲:小西康陽
10. パーティー・ジョーク/作曲:高浪慶太郎
11. 眠そうな二人/作詞・作曲:小西康陽
12. いつもさようなら/作詞:小西康陽 作曲:高浪慶太郎


名曲ぞろいの宝物のようなアルバム。
このアルバムの代表曲は「皆笑った」ではないかと思うのですが、これが高浪さん作だったのを最近把握して、おどろきました。
鴨宮さんの2曲も珠玉の名曲とお呼びしたいです。


 
『Bellissima!』(’88)
 
1,惑星/作詞:小西康陽 作曲:田島貴男
2,誘惑について/作詞:小西康陽 作曲田島貴男
3,聖三角形/作詞:小西康陽 作曲:田島貴男
4,ワールド・スタンダード/作詞:小西康陽 作曲:高浪敬太郎
5,カップルズ/作詞:小西康陽 作曲:高浪敬太郎
6,日曜の印象/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
7,水泳/作詞:小西康陽 作曲:高浪敬太郎
8,セブンティーン/作詞:田島貴男 作曲:田島貴男
9,これは恋ではない/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
10,神の御業 /作詞:小西康陽 作曲:小西康陽


色分けでは3人がほぼ平等なのがすてきですが、赤が目立ちます。
特に田島さんの冒頭の3曲の流れは評価が高いですね。
(私としては曲順はどうかと思ってますが…)
カップルズに続き自分の中ではエバーグリーン第2号です。
 

 
『女王陛下のピチカートファイヴ』(’89)
 
1,オードリィ・ヘプバーンの休日/作曲:高浪敬太郎
2,~イントロダクション“ジェイムズ・ボンドとヴェトナム”
3,新ベリッシマ /作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
4,恋のテレビジョン・エイジ/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
5,リップ・サーヴィス /作詞:田島貴男/小西康陽 作曲:田島貴男
6,「女王陛下のエロチカ大作戦」からの抜粋 スパイ対スパイ/作詞:田島貴男/小西康陽 作曲:田島貴男
7,「同」スウェーデン娘 /作詞:田島貴男/小西康陽 作曲:田島貴男
8,「同」自白剤/作詞:高浪敬太郎 作曲:高浪敬太郎
9,「同」陽動作戦/作曲:高浪敬太郎
10,トップ・シークレット/作詞:田島貴男/小西康陽 作曲:田島貴男
11,バナナの皮/作詞:小西康陽 作曲:高浪敬太郎
12,トップ40/作詞:田島貴男 作曲:田島貴男
13,ホームシック・ブルース/作詞:高浪敬太郎 作曲:高浪敬太郎
14,衛星中継/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
15,遠い天国/作曲:高浪敬太郎
16,女王陛下よ永遠なれ/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
17,夜をぶっとばせ/作詞:小西康陽 作曲:田島貴男


全体を通して聴くとつながりが非常によいアルバム。
小西さん作が予想以上に少なくて改めておどろきました。
田島さんは前作とまたちがう「ピチカートらしい曲」を作っていてすごいです。
実は「ホームシックブルース」が小西さん作で、「恋のテレビジョン・エイジ」が高浪さん作だとずっと思っていました。
「ホームシックブルース」ってすごく小西さんぽい雰囲気じゃないですか? 

 
 
『女性上位時代』(’91)
 
1,女性上位時代 #4 
2,私のすべて/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
3,お早よう/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
4,サンキュー/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
5,大人になりましょう/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
6,女性上位時代 #5 
7,ベイビイ・ラヴ・チャイルド/作詞:小西康陽 作曲:高浪敬太郎
8,トゥイギー・トゥイギー/作詞:佐藤奈々子 作曲:佐藤奈々子
9,トゥイギー対ジェームス・ボンド 
10,神様がくれたもの/作詞:野宮真貴 作曲:高浪敬太郎
11,パーティー/作詞:中山泰 作曲:鈴木りょうこ
12,しりとりする恋人たち/作曲:窪田晴男/野宮真貴
13,マーブル・インデックス/作詞:高浪敬太郎 作曲:高浪敬太郎
14,きみになりたい/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
15,むずかしい人/作詞:野宮真貴 作曲:高浪敬太郎
16,TOKYO’S COOLEST SOUND/作詞:小西康陽 作曲:高浪敬太郎
17,クールの誕生/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽
18,女性上位時代 #6/作詞:小西康陽 作曲:小西康陽/窪田晴男/野宮真貴
 

まだろくに聴いてなかったりしますが、この頃の野宮さんの透明な感じは好きです。レビューでの評価を見ると、これはちゃんと聴くべきだと思いました。
そして、「トゥイギー」以外に唯一聴いていた美しい曲「7,ベイビイ・ラヴ・チャイルド」、これは高浪さんなんですね~。

ちなみに「
16,TOKYO’S COOLEST SOUND」は、聴いたらあの「ラヴァーズ・ロック」じゃないですか!!
(ベスト盤のライブバージョンでしか聴いたことがないのですが、ソニー時代に出た唯一のシングルかつ野宮さんの最初の曲、という重要曲。
にもかかわらず、あまりにもまったりしていて、売れそうにない。でも名曲。)
ライブバージョンよりはずっと乗りがよく、シングルぽくてよかったです。  





まとめ?ってほどでもないですが、やっぱり初期は「グループ」だったんだなあ、と改めて思った次第でした。
オリジナルラヴにしても、「グループ」って突出した人には「規制」のように感じることもあるだろうけど、やっぱり一人では出てこないものがあるはず。

とはいえピチカートについては、高浪さん脱退後の音作りは小西さん一人とはいえ、野宮さんの稀有のキャラクターと小西さんが出会ってこその成功だったわけで、オリジナルラヴとはまったく比較出来ませんが!








スポンサーサイト
Pizzicato Five 語り | CM:0 | TB:0| edit
2008/06/10(Tue) 22:47  キャーキャー


言いながら見てるとこです!!

http://jp.youtube.com/profile_videos?user=orimo1113&p=r
 

ありがとう~(ToT)/~~~(ToT)/~~~!! 






小出しにしないところがまたすごい… 
在庫一掃サービスか、もっと在庫があるのか!?  

一気に歴史を駆け抜けた気がする! 





でもやっぱり見てて思う…

田島さんは「耳」を出した短髪が似合う!!

さらに髪の毛が上に立ってるとさらにイカス!!
よろしく…






Original Love 映像 | CM:4 | TB:0| edit
2008/06/03(Tue) 23:46  「夜の音楽室」
勝手に宣伝です






※りっぱなタイトルがついてますが、ほとんどつぶやきです。 




GO SLOW ゆっくりとライブ VOL.15
「夜の音楽室 」
arcorhymeライブ&高浪敬太郎的作曲講座 

2008年6月7日(土)
   
OPEN/START:19:00 

世田谷ものづくり学校 GO SLOW ゆっくりとカフェ にて



ごあんない

6月のGO SLOW ゆっくりとライブは、高浪敬太郎さんのproducts unit、arcorhymeが2度目の登場です。
廃校という場所ならではの企画として、高浪敬太郎的作曲講座第2回も開催。arcorhymeの曲を分解、構成を解説したり、参加者持参の曲や詩についてアドバイスやアレンジなども!
ライブでは封印しているピチカートファイヴ時代の楽曲や、ソロ時代の楽曲なども講座のために、ここだけで演奏するかもしれません。
GO SLOW ゆっくりとライブならではの一夜をお楽しみください。

ビバ!ライブ! 夜のGO SLOW でお待ちしています。 
続きはこちら 



世田谷ものづくり学校とは?

世田谷区立池尻中学校の廃校跡地再生プロジェクト。
[デザイン・建築・映像・食・アート・ファッション]などのさまざまな分野のクリエーターに教室を開放し、ワーキングスペースとして機能しています。 





arcorhymeの西村郁代さんのブログを見ていたら、とっても宣伝したくなってきました。 今回が最後とのこと、貴重なお話や歌が聴けること間違いなしです。
予約制ですが、当日直接入場もできます。

私は行けるかわからないのですが…^_^;(だから宣伝する!)
こんどは堂島さん(雨男)がいないので晴れるのではないかな。

世田谷ものづくり学校自体にも興味があります。


Pizzicato Five 高浪さん | CM:4 | TB:1| edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。