海・風・光
【このブログは永らく休止中です】
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2007/10/17(Wed) 00:57  再発盤によせてぐだぐだ 3
今回の再発盤をきっかけにしてオリジナル・ラヴに興味を持った人たちは、東芝時代から今の音楽に至る経過をたどっていきます。
彼らは、今の曲を聞いて好きになった人とは、まったく逆のルートをたどるわけです。 

田島さんは今、新しくやってくるはずの彼らにも向けて、色々準備をしているのでしょう、多分。

彼らの先輩(?)の一人として、いまだ中途半端な位置にいる私の立場から、「門戸を広げる」には、という観点で思ったことをまた勝手に書きます。
(非常にたいしたことない上、失礼度が高いです)

田島さんのすごいところは、音楽の才能自体にはさして心配がない、ってことですよね。普通はそこが一番問題になるでしょうに。
それに作風は変わっても、基本的に(よい意味で「万人受け」する)聴きやすいメロディーなので、上質なポップスとして、常に売れる要素はちゃんと備わっているわけですね。 

やはり今後、田島さんの音楽エネルギーをより売れる方向へ活かすために、「どの方向へ行くか」という時点から深く関わって導いてくれる人がいるべきではと思います。
今更ではありますが、プロデューサーを入れるべきだという意見が早期実現されることを願います。

そしてできるだけ「万人受け」する方向へ変えていってほしい部分は、毎度のネタですいませんが、歌い方(声の出し方)です。 
もちろん好みの問題で、私自身は相当慣れましたが、独特の歌い方であることは確かなので、「門戸を広げる」という観点からも、もう少し聴きやすければ入ってくる人も増えるのでは、と思ってしまいます。 

シンプルな歌い方でも十二分に個性的なわけだし、曲のよさはそのほうがより伝わるのでは…。

2006年の「東京飛行」は、私には全体的にふざけてるような感じに聴こえますが、それ以前よりはストレートな歌い方になっているんですね。
曲によってかなり歌い方が違うようなので、そういう意味では変えようと思えば、いつでも自在に変えられそうな気がします。

次回はさらにシンプルに歌ってみませんか?CDだけでよいので!!
…以上世界の片隅からの叫びでした。


ビジュアル面についても書きたくなってますが、より失礼度が増しそうな気が…
とりあえずここで止めておきます。

Original Love リマスター盤関連 | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://sagamiwan.blog116.fc2.com/tb.php/29-2836b968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。