海・風・光
【このブログは永らく休止中です】
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2007/10/19(Fri) 00:35  ビジュアル
アルバムを聴く上でビジュアルは関係ない!

と思いつつ、今現役で活躍している同世代の皆さんがあまりに若々しいため… 

66年生まれってすごいんですね。「ルート66」のライブの参加者を見てびっくり。(ライブ見たかった)
若いと思うのは自分がその年に近づいてる証拠ですが、でもやっぱり、彼らは若いですよね。
ファッションとか雰囲気とか。10年前とあまり変わってないように見えます。
(だから、この10年がまるで幻のごとく感じてしまうんだよなあ。 ←これはヤバイでしょう)

スピッツの草野さんも一コ下だそうだし、今、斉藤和義さんも注目されてるんですね。
トータスもヒット飛ばしてるし。
スガシカオにいたっては化粧品のCMにビジュアルで登場しちゃうし(ちょっとこわかったですが)
パパイヤはオヤジの代名詞だけど、ムチムチでピチピチだし。

なんかいやみのように書き連ねてしまいましたが…
彼らも相当な努力しているんでしょうから、ここは、闘争心を燃やすところでしょう。

ただ見た目が若ければいいってわけではありませんが、田島さんはせっかく立ってるだけで絵になる素材なのに、ビジュアル面での立ち位置が、どうも中途半端な気がしてなりません。

+++消しゴムのあと+++

スターの使命として徹底的に若々しさを追求するか。
または、おやじ路線(でも歌うとかっこいい)をつきすすむか。

ってそういう問題じゃないのかな?
でもまあ、今日のテーマは「門戸を広げる」なので(続いてます…)

どの路線で行くにせよ、スターとしてずっとかっこよくあってほしいものです。
そのためにはルックス的に何らかの「キレ」が必要なのでは。
若々しいかっこよさでも、円熟したかっこよさでもどちらにしても。

そのためには(と言ってよいかわかりませんが)、感覚(センス)は常に若さを保つことと、とにかく藤岡弘似からは脱すべきだと思います。
藤岡似=たるみの象徴 という気がするので…    

!!みなさま!!すいません!!藤岡さんもすみません!!


※ちなみに私も人のことは言えません。
※とりあえず髪型をさっぱりしたり、小細工するだけでけっこう藤岡から遠ざかるのでは。
※小細工は大事です。

Original Love 語り | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://sagamiwan.blog116.fc2.com/tb.php/30-94eb0b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。