海・風・光
【このブログは永らく休止中です】
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2008/05/11(Sun) 23:32  「唇によだれ」ほか

ご来訪ありがとうございます! 

まるで昔からここにあったような感じの演出となっております(笑)
今後ともどうぞよろしくお願いします。



さて、おくればせながら「恋の彗星」と「Tender Love」のシングル盤、買いました。
いやあ、オススメだけあって聴いてよかったです…(Lindaさんありがとうございました!)

最初に「Tender Love」CDのケースを開いてびっくり。
超イケメンが…!!
この衝撃は「ビッククランチ」の眠る田島さん以来かも! 

なぜこれをジャケットにしないんだ?
って、Tender Loveのイメージとはちょっと違うかもしれないけど、ぜひ裏面とか買わなくても見える位置に起用してほしかったなあ。
(個人的にはこの青色のせいか、なぜか「バベルの塔または火星での生活」というイメージです、この写真) 
 
じゃあ「Tender Love」のイメージはというと、どっちかと言えば「恋の彗星」のジャケット写真のほうに近いように思うんですが、それは間違いなく
あのPVのせいです。
見ましたよ… 
さすがおすすめだけあります。
いい年した大人のあのバカバカ加減が実にいとおしいです。 

今回聴いた2枚のCDは、どちらもポップなシングルカット曲以外は、『ムーンストーン』の世界が色濃く、選曲もディープなライブバージョンで、間違って聴いてしまった人は戸惑ったことでしょう。

でもジャジーな世界とこのボーカルが嫌いじゃない人には、すごい吸引力がありますね、これは!!  

(で、ここで吸引された人たちの次の関門が、『踊る太陽』の「ブギー4回戦ボーイ」なわけですね(笑))   

観客が今どんな感じになっちゃってるのか、田島さんはどんな動きをしてるのか…臨場感にあふれていてすごく興味深いんですが、でもやっぱりライブに行ってないと具体的なイメージがわかないんですよね。
そこが残念!
これライブを体験した人にはたまらないだろうなあ。
 




「唇によだれ」
 「MOON DANCE」

カバー曲、色んな意味で新鮮でした。  
何を歌ってるのかさっぱりわからない(ので発音も気にならない)分、どっかの外国人?が歌ってるみたいな気分で、客観的に音楽と声が聴けたのがよかったなあ。
それと「歌詞を聴かなきゃ」という呪縛?もひそかにあったらしく、そこから開放されたせいか、とても楽に聴けました。

で、改めて、やっぱいい声ですね。
正反対の2曲ですが、どちらもぴったりですね~。
特に「唇によだれ」は、曲は情感豊かだけど声が終始穏やかなのが、田島さんの曲にはあまりないタイプでとても画期的でした。

そう、こんな風におだやかさを絶やさないような曲ってないですよね。 
オリジナルでもそういう曲がぜひ聴きたいです。 


「愛の薬」

いいですね~!
これ聴いちゃうと、アルバム『ムーンストーン』に入ってるほうが似合うと思っちゃいますね。アルバムの途中に混ぜたくなります。 

原曲は、リズムが打ち込みのためか全体的に硬い印象があったけど、やっぱり生ドラム・生歌だと全然違う。
せつなさとか痛さみたいなのが直接きますね…
いやあこれで好きになりました。
それと、ビブラフォンが効いてますね~。非常においしい使われかたに萌えました。(なんで!?)
 
ついでに、同じく『ビッククランチ』収録の「殺し」も、「愛の薬」と同じような印象があったので、UN OFFICIAL PAGEさんで当時のライブのセットリストをさらっと見てみたんですが、残念ながら画期的なアレンジの演奏はなかったようです。
今後ライブでやる可能性はきわめて低そうだけど、生「殺し」(笑)も一度は聴いてみたいです。  


「GLASS」

しびれました。
もともとのアレンジがライブっぽいので印象としてはそう変わらないけど、一層渋くなってますね。
でも途中のサックスのソロは1本でしたね。
思わず2本目として演奏に参加したくなりました、(もちろん)リコーダーで! 


「月に静かの海」 

正直、歌い方が特に気になるタイプの曲だったりするので、最近よさがやっとわかってきたところです^_^; 
シンプルな演奏はアルバムとほぼ同じだけど、ライブだとより静謐な空気感に満ちて、胸にきますね…。


「The Rover」

94年の「The Rover」はかっこいいんだけど、キメキメでよくも悪くも隙がないんですよね。
その点このアレンジは緩急あっていいですね~。やっぱり今の音(94年比)だなあと思います。
ゆるい感じが今の自分になじんで心地よいです。
それと特に「RIDE ON」の部分の音程が低いのもいいなあ。

この曲はARABAKIでもやったんですよね。 
今まで いろんなアレンジで演奏されたと思いますが、このアレンジはその中ではどの辺に分類されるのでしょう?
それともこれは定番アレンジなのかな。

観客が実に頼もしいです(笑) 歌上手いし!
ほんと、皆どんな感じになっちゃってんだろう…!   


ちなみに、調べたらこのライブの日は2002ワールドカップ開催の約1週間前だったようです。当時、ものすごく話題になってたんでしょう、『フーリガン』
私はさっきまで『パパラッチ』と勘違いしてました^_^;




さて、「The Rover」が終わった後、また会場のざわめきが聞こえてたので、なんだ?ボーナストラックか??と思ってたら、女性の声でアナウンスが。

「大変長らくお待たせいたしました。ただいまより…」  



「綾小路きみまろ・爆笑スーパーライブの再演です!」(笑)


PCで聴いてたので次のアルバムに移ったんですが、よりによって『綾小路きみまろ爆笑スーパーライブ第3弾~知らない人に笑われ続けて35年』とは…

びっくりした(笑)





Original Love 曲感想 | CM:2 | TB:0| edit

こんばんは ---------- サバーイ | URL 05/13 23:46 | edit
LINKありがとうございます^^
ブログの引越し中だったんですね。
今後共よろしくお願いします!
ありがとうございます! ---------- syonansagamiwan | URL 05/14 00:04 | edit
さっそくご来訪ありがとうございます!しかもコメントいただきうれしいです。
今回はサバーイさんの範囲外の記事でしたが^_^;またぜひお気軽にお越しください~。
ちなみに引越しすべて完了しています。(いただいたコメントも!)


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://sagamiwan.blog116.fc2.com/tb.php/67-113dcd1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。